HANAMI WADA

Sales Division Strategist

和田 花観

INTERVIEW

ポジティブ × 行動力

和田 花観 Hanami Wada

2014年度入社(中途採用)
東京都出身。前職ではデベロッパー等への住宅設備機器の提案営業を担当。現在はセールスディビジョン・ストラテジストとしてBecome プロダクトリスティングの営業、運用までトータルで担当。顧客からの要望をヒアリングしサイト構成や運用管理システムの機能改善にも携わっている。

入社のきっかけはなんですか?

1人1人が主体性と責任を持っていろいろなことに取り組める環境で働きたいと思っていたところ、ビカムに出会いました。入社前にビカムを訪れる機会があったのですが、少ない人数でもみんなバリバリ仕事をしていたんです。でも、私がイメージしていたIT企業のイメージとは違い、夜が遅くて土日も仕事に追われているということはありませんでした。元外資系ということもあって、働き方が自由でフレキシブルなところに魅力を感じました。

現在の仕事内容について教えてください。

今はAM(Account Manager:運用)とAE(Account Executive:営業)の仕事を兼任しています。AMの仕事内容は、まずは自社媒体であるBecome.co.jpのお客様に対して、掲載するために必要なお客様のデータを綺麗に整理させて頂きます。掲載後はサポートとして、お客様の売上向上やROI向上といった課題を解決する運用を行っています。

AEの仕事内容は、新規でBecome.co.jpへの掲載を希望して頂いたお客様に対して、掲載開始からの定期的なサポートや実績のレポートの提出、予算増額の交渉や掲載条件の緩和など、継続的な営業を行っています。

AMとして大事にしていることはなんですか?

当たり前ですが、お客様の売り上げに貢献することが一番の目的です。そのために、常にユーザー目線を持つことが大切だと思っています。Become.co.jpのサイトはこまめにチェックするようにしていて、そこでデータが不適切だと感じたときにお客様にアドバイスをしています。

和田 花観

働いている環境について教えてください。

風通しが本当にいいんですよね。そういう環境なので、ボトムアップで施策も生まれています。今みんなが考えていることについて社長もよく聞いてくれますし、自発的にやりたいことがあれば何でもできます。途中でつまずいた時は、上司を含めて周りが助けてくれる環境です。なぜつまずいているのかをきちんと見てくれているので、とても勉強になります。

ビカムの魅力は何ですか?

「自由」と「責任」です。決まり切ったことがない社風なのですが、それは信頼関係の上に成り立っていると思っています。自由だからこそ、みんな自分がやることに関しての責任感はすごく強いです。また、個人のプライベートな部分にも寄り添ってくれる環境がとても魅力的ですね。例えば、子供がいる女性の方は時短で仕事をすることが可能ですし、男性社員で育児休暇をとった方もいます。

ビカムで挑戦したことや今からの目標はありますか?

ビカムが持つ3つの事業の中で、いま一番売上の規模が大きいのがBecome.co.jpです。そこをAMとして任せてもらえているので、とても責任あるポジションを頂いているなと思っています。だから、そこをもっと伸ばしたいと思いますね。Become.co.jpの構成や、お客様に対しての施策など、まだまだ改善できる部分があるので、今後はさらに力をつけて注力していきたいと思います。