YUYA KAKIHARA

Sales Division Manager

蠣原 侑也

INTERVIEW

経験×信頼

蠣原 侑也 Yuya Kakihara

営業職 / 2014年度入社(中途採用)
神奈川県出身。前職では商用機材の店舗販売営業を担当。現在はセールスディビジョン・マネージャーとして自社データフィードマネジメント製品、商品検索サイトBecome.co.jp、広告代理業務を担当。フィードマネジメント、フィード広告を中心とした広告提案を行なっている。

普段の業務内容について教えてください。

基本的な仕事は、Become.co.jp1とCriteo、KANADEを中心とした広告を出稿頂いている既存のお客様の予算維持・拡大です。また、データフィードマネジメントの提案とフィード広告の新規提案、導入の支援を行なっています。
1:自社商品検索サイト

どんな方と一緒に働きたいですか?

会社としては、「自分で考えて動く」という主体性を求めています。行動しないと何も始まらないと思うんです(笑) 例えば、営業としてやりたい案件があれば、一度自分で進めてみます。実際に行動して、もし壁にぶつかった場合には、周りの人たちからの協力を求めます。役職、立場は関係なく相談できる環境なので、問題解決に向け積極的に業務に取り組むことができます。ビカムでは”何でもまずは上司に相談”という承認プロセスはありません。自分で考えて行動できるからこその楽しみがあると思っています。

蠣原 侑也

社風についてどう思いますか?

本当に働きやすい環境だと思います。
役割分担ができていて、メンバーそれぞれが誰に何を任せればいいのかきちんと理解しています。メンバー全員が効率的に仕事を回すことを意識しているので、クライアント様の要望に迅速に対応することができています。嬉しいことに、実際にクライント様からも「仕事が早くていいですね!」と、お褒めの言葉を頂いています。

Becomeを支えているものは何でしょうか?

”信頼”ですね。
一人ひとりがしっかりと自分の仕事をこなしていて、みんなそれを分かっているので、自然に信頼関係ができています。当たり障りのないやり取りだけではなく、”本来こうあるべきだよね”と、言わなければいけないことは発言できる環境ですね。仕事をする上ですごく良い環境だなと思います。

他社にはない風土は何かありますか?

元々外資系ということもあって外国籍のエンジニアが多く在籍しています。英語を使う環境もあるので「無料で英会話教室に通える」ような環境です(笑) もしお互いに日本語や英語を思うように話せない場面があっても、通訳ができるエンジニアもいるのでコミュニケーションに困ったことはないですね。

社内の様子

最後に、Yuyaさんの今後の目標を教えてください。

まずは、Become Feed Platform2の拡販と開発改善です。
データフィードベンダーとして、他社と差別化できる機能を開発し提供することで、お客様に「データフィードと言ったらビカムだよね」と思っていただけるようにしていきたいですね。また、データフィードを軸にした広告代理業も拡大し、クライアント様の売上に貢献していきたいと考えています。

2つ目は、ネット業界の動向・情報を社内に集約していくことです。外に出る機会が多い営業職だからこそ、広い視野を持ち、できるだけ多くの情報を収集できると思います。そしてそれを自社メディアの改善や商品開発に活かし、他社よりも勝るサービス・ツールの提供を行なっていきたいです。
2:自社データフィードマーケティングのサービス