NEWS

ニュース

リリース

2017.10.5

ビカム、BFPにBecome Image Optimizer新機能を追加 〜Mask Processing、Auto Labelなどが可能に〜


ビカム株式会社は、2017年10月5日よりデータフィード広告の画像最適化を実現できるImage OptimizerをBecome Feed Platform(BFP)のオプション機能として提供を開始致しました。

■なぜ新サービス提供開始にいたったのか

昨今、データフィードを用いたダイナミック広告の扱いが劇的に成長しております。
広告主様が静止画のクリエイティブは予算をかけて質の高いクリエイティブを作成する一方、なぜダイナミック広告の画像の質はこだわらないのか、配信画像の最適化ができないのか、といった課題がありました。

この課題に対して弊社は、Become Image Optimizerという解決策を提供することにしました。
具体的には、Mask Processing、Auto Labelの実現が可能になりました。
これによりデータフィード広告を配信する広告主様は他社広告との差別化をはかることができ、広告効果の改善を見込むことができるようになりました。

■Become Image Optimizerの特徴

1.Mask Processing
画像に対してマスク加工ができる機能です。
広告画像の切り抜き、背景処理、合成作業、マスク加工などを施し、元画像を広告配信用の画像として商品本体を際立たせ、ユーザーに対して商品を認識しやすくすることが可能になりました。

 

2.Auto Label
画像に対して自由自在にバッチ付与ができる機能です。
広告配信用の画像に対して、ロゴの付与、「%OFF」表示等、訴求画像を自動的に付与することが可能になりました。
画像だけでなく、データフィードに含まれるテキストを画像上に反映させることもできるようになりました。
Mask ProcessingとAuto Labelをかけあわせて、切り取った広告素材画像にさらに訴求文言を付与するといった処理も可能です。

 

■今後の展開
ビカムでは今後もクライント様、代理店様の売上に貢献できるよう、より広告配信の最適化が実現できるサービスの提供を行なって参ります。

■会社概要
商号   : ビカム株式会社
代表者  : 代表取締役 高木 誠司
所在地  : 〒153-0042 東京都目黒区青葉台4-7-1 プラトーヴェール4F
事業内容 :データフィードマネジメントサービス/フィード広告運用サービス/商品検索メディアサービス

■本件に関するお問い合わせ先
企業名:ビカム株式会社
担当者名:蠣原(かきはら)/江上
TEL:03-6407-3033

ニュース一覧に戻る